セミリタイアFIREを目指す!月10万円株の配当金をもらうにはお金はいくら必要?

株式投資
この記事は約5分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

テレビやブログでよく見かけるこの言葉、FIRE(Financial Independence Retire Early )早期リタイアを目指す人が増えています。

今回は、元本を取り崩さずにセミリタイアに必要な、月10万円の配当金をもらうためには、いくらお金が必要かを紹介します。

セミリタイアFIREを目指す!

f:id:nanacat77:20210825195608p:plain

株の配当金だけで生活できれば、会社で働かなくてもすみます。セミリタイアなら、ときどき仕事をする程度でリタイアできます。

なぜなら投資したお金が、自分の代わりに働いてくれるからです。

仕事に使っていた時間がなくなるので、自由な時間が手に入ります。

空いた自由な時間を使って、趣味に没頭できます。仕事をしたくない人には、夢のような生活です。

ナナ
ナナ

ナナです。私の配当金の目標額は、月10万円です!

仕事で働いて、10万円を実際に稼ぐのは大変です。

たとえば、時給1000円だとすると、100時間の労働分になります。

月10万円でも収入があると、そんなに働かなくても生活できます。家賃や光熱費をまかなえる金額ですよね。

リタイアを目指すにはお金はいくら必要?

リタイアを目指す場合は、生活費の全てを、配当金でまかなう必要があります。セミリタイアよりもハードルが高いです。

年間支出・配当利回りごとにいくらお金が必要か紹介します。

配当利回り年間支出400万(月33万)年間支出300万(月25万)年間支出200万(月16万)
1%4億円3億円2億円
2%2億円1億5,000万円1億円
3%約1億3,300万円1億円約6,600万
4%1億円7,500万円5,000万円
5%8,000万円6,000万円4,000万円

上記の表のように、数千万から数億円単位のお金が必要になります。

一般的にサラリーマンの生涯年収が3億円といわれています。

よほど年収が高いか、資産を増やさない限り、実現は厳しいです。あまり現実的ではありません。

セミリタイアに必要な月10万円の配当金をもらうにはお金はいくら必要?

その点、セミリタイアなら少額のお金でも実現できます。

配当金だけで足りない生活費は、アルバイトなどで補填します。

配当利回り別に、月10万円の配当金をもらうには、いくらお金が必要かを紹介します。

配当金を月10万円(年間120万円)もらう場合

配当利回り必要なお金
1%1億2,000万円
2%6,000万円
3%4,000万円
4%3,000万円
5%2,400万円

上記の表の通り、配当利回りが高くなればなるほど、必要なお金(投資元本)は少なくてすみます。

先ほどのリタイアに必要な金額と比べて、投資元本が少ないのが分かると思います。

東証1部の平均利回りが約2%くらいです。

高配当株なら、4~6%前後なので、配当金生活を目指すには、高配当株を買えば実現できます。

ヤフーファイナンスで高配当銘柄のランキングが分かります。

セミリタイアを実現可能にするには

投資するお金は、日々の節約と先取り貯金でコツコツ地道に貯めます。

給料が上がったり、もらえる配当金が増えても、生活レベルを上げません。

なぜかというと、1度生活レベルを上げて贅沢を覚えてしまうと、生活レベルを下げるのが難しくなるからです。

生活レベルが低いと、セミリタイアに必要な生活費が少なくてすみます。

節約して貯めたお金を投資に回すことによって、もらえる配当金が増えてきます。

そしてもらった配当金は、全額使わずに株式に再投資をします。

最初の頃は少額なので実感はないですが、あきらめずに長い年月をかけて投資をすれば、結果として表れてきます。

複利の効果は、凄いです。

雪だるまを転がすようにどんどんお金が増えていきます。

f:id:nanacat77:20210825194607p:plain

借金をした場合、利息が高いので、どんどん返済額が増えていきますよね。

たとえば、借金1000万円、利息5%、

10年後に一括返済の場合、

10年後の返済合計額 1628万

※端数切捨て

複利の効果で最終的には、628万円の利息を支払います。

配当金再投資は、借金と同じように、複利の効果でお金が増えていきます。

金持ち父さん貧乏父さんの本でも、資産と負債の違いについて、とても大切な事が書かれています。

資産は、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの。

負債は、あなたのポケットからお金を取っていくもの。

金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ

資産は、持っているだけでお金が入ってきます。

  • 不動産
  • 株式
  • 債券

負債は、持っているだけでお金を取られます。

  • 持ち家
  • 借金

まとめ

今回は、セミリタイアを目指すために、配当金を月10万円もらうには、いくらの元本が必要かを紹介しました。

全ての生活費をまかなおうとすると大変ですが、月10万円なら、日々の節約と配当金再投資で実現可能な金額です。

日ごろからお金の勉強をして金銭感覚を磨き、長期投資をして、夢の配当金生活(セミリタイア)を実現しましょう。

タイトルとURLをコピーしました