【お金の勉強】有意義に使おう!お金の上手な使い方

株式投資
この記事は約4分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

お金は使い方によって、「よいお金の使いかた」と「わるいお金の使いかた」の2種類があります。

お金があれば色々な物を買ったりできますが、意外と上手に使う方法が分からなかったりします。

今回は、お金の上手な使い方について紹介します。

よいお金の使いかたとわるいお金の使いかた

「よいお金の使いかた」とは、お金を使うことで新たな価値が生み出されるお金の使いかたです。生きていくうえでプラスに働くお金のことです。

「わるいお金の使いかた」とは、生活において無駄なことにお金を使うことです。生きていくうえでマイナスに働くお金のことです。

よいお金を使う方法

お金は、節約ばかりしても、何のために生きているのか分かりません。好きなことにお金を使ってこそ、日々の辛い節約も頑張れます。

将来が不安で節約してお金を貯めるのももちろん重要ですが、同じくらいお金を使うことも重要です。

よいお金の使う方法を紹介します。

1.人のためにお金を使う

f:id:nanacat77:20210928101752p:plain

物欲が全くなく特にお金を使うものがない場合、お金はどんどん貯まっていきます。

そういう時は、人の役に立つことにお金を使うとよいお金が使えます。

例えば、寄付をしたり、日ごろからお世話になっている人にプレゼントをしたりするためにお金を使います。

お金持ちは、寄付をすることで有名ですよね。

人のためにお金を使うことで喜んでもらえて感謝されます。人間関係をよくするためにも重要な使い方です。

2.自分のためにお金を使う

f:id:nanacat77:20211002175032p:plain

将来のキャリアアップのために資格を取得したり、自分の趣味や生活が快適に過ごせるようにお金を使うことはとても有意義な使い方です。

資格を取得することで、資格手当がついたり、資格がないよりは就職がしやすくなります。独占的な資格を取ることで開業することもできます。

自分の欲しいものを購入すると、手に入れた時にワクワクして嬉しくなります。自分の欲しいものを買うとモチベーションアップにもなり、また節約を頑張ろうという気にさせてくれます。

他にも読書、絵画鑑賞、音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行などに使うことも自己投資につながります。自分の価値観を高めてくれるのでおすすめです。

3.お寺や神社のお賽銭に使う

f:id:nanacat77:20211002175106p:plain

私は1年に数回程度、神社やお寺にお参りに行きます。神聖な場所に行くと心が洗われるような気持ちになります。

お賽銭にお金を使うことは徳を積むことになります。徳を積むことで、回りまわって最後には自分に返ってきます。人のために使うお金も同じです。

4.株式投資をする

株式に投資するという事は、その企業の株を買って応援することを意味します。株主の権利として株主総会で議決権を行使したり、大株主になると会社の経営にも影響力があります。

会社に投資をすればお返しに配当金や優待品がもらえます。もちろんリスクもありますが、お金を増やせるメリットがあります。

お金の上手な使い方について

お金は、上手に使ってこそ活かされます。それではどのように実践すればよいのかを紹介したいと思います。

実践編

お金を上手に使うためには、まずお金の使い方にメリハリをつけて、使いたいものには使い、使いたくないものには一銭もお金を使わないことが重要です。

上記でよいお金の代表的な使い方を紹介しましたが、自分にとって何がよいお金になるかは人それぞれ違います。

そのためには、まず客観的に自分について振り返ってみます。

そして自分にとって何にお金を使うのが重要であるかを考えます。

カンタンでいいのでメモに書いておきます。

メモの活用法

日ごろ使っているお金を振り返ってみて下さい。どこかに無駄に使っているお金があると思います。その「無駄なお金」を「よいお金」に使いましょう。

自分にとって有意義で賢いお金の使い方をすることによって、人生はより良くいいものに変わっていきます。

節約してばかりでお金を使わず貯金ばかりしていても、それが自分にとって良い人生だったかと問われると答えはNOです。

お金を貯めて増やすことももちろん重要ですが、やっぱり好きなことにお金を使ってこそ、人生は輝くと思います。

まとめ

f:id:nanacat77:20210906143619p:plain

貯金ばかりして、何もお金を使わず亡くなるときが一番お金持ちなんて寂しい人生ですよね。

お金は、使ってこそ価値のあるものです。

お金は、亡くなったら一銭も使えません。あの世に持って行くこともできません。そして人間はいつ亡くなるか分かりません。事故や病気になって明日突然亡くなるかもしれません。

お金を貯めることも大事だけど、せっかく一度きりの人生です。

今は、人生100年時代と言われています。

1度きりの人生悔いのないよう、最低限の貯金をしながら、それとは別に自分に価値のあるお金も使いましょう。

お金の勉強におすすめの本

タイトルとURLをコピーしました