【日常生活】ピンク色の四季咲きのミニバラを育てています!

趣味・日常
この記事は約3分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

今回は、わたしの日常生活について紹介します。株とは全く関係のない話ですが、たまには良いかなぁと思って投稿しました。

バラや花に興味がある人の参考になるとうれしいです。

今年の夏頃からピンク色のかわいいミニバラを育てています。

ミニバラを育てるのは、今回が初めてです。普通のバラよりも小さいですが、かわいいです。

ミニバラの植え替え

f:id:nanacat77:20210928151215p:plain

鉢が小さかったので、購入してから植え替えをしました。植え替えは、植木鉢の底に鉢底ネットと鉢底石を敷いてから土を入れます。

植え替えには、こちらの土を使いました。
f:id:nanacat77:20211004100301j:image

肥料はこちらの商品を購入しました。

f:id:nanacat77:20211004093244j:image

バラを育てる知識がなかったので、お店で見て良さそうなものを購入しました。

こちらの肥料を購入して一つ失敗したことが、有機肥料は虫が湧きやすいことでした。実際コバエのような虫が湧いてしまいました。

バラの病気と虫予防にこのスプレーを購入しました。

f:id:nanacat77:20211004093552j:image

虫予防にこちらのスプレーを使いましたが、コバエにはあまり効果がありませんでした。

その後、土の表面にひのきを削ったものを置いてみると、何日かすると完全ではありませんが、コバエがほとんどいなくなりました。

ひのきの防虫効果が効いたのかもしれません。

植え替えの写真は撮っていないので省略します。次に写真を撮る機会があれば紹介したいと思います。

ブラインド

お店で購入したときには、すでに2本のバラの花が咲いていました。その後に花が咲くのを楽しみに待っていました。

それからはなぜか待っても待っても他のつぼみが出来ず花が咲きませんでした。つぼみができない代わりに次々に葉っぱばかりが生えてきました。

ネットで調べると、花は咲ききる前に切り落とした方がいいと知りました。

理由は、花に栄養がとられて次の花が咲きにくいそうです。きちんと花がら摘みをすることで、次にまたきれいな花を咲かせることができます。

葉ばかりついて枝につぼみがつかない状態をブラインドといいます。ブラインドの状態は、つぼみがつかず花が咲かない状態なので、5枚葉の上で剪定します。

初めてなので勇気がいりましたが、思い切って5枚葉の上で剪定しました。一番丈夫そうなしっかりした5枚葉の上で剪定します。

5枚葉です。5枚葉の1cm上くらいのところで剪定します。

f:id:nanacat77:20211004100340j:image
それから約2~3週間後こんなふうに2つのつぼみができました。無事成功しました!

f:id:nanacat77:20211004093444j:image

ピントが合ってないので見えにくいです。
f:id:nanacat77:20211004093527j:image

ミニバラが無事に咲きました

そして、かわいいミニバラの花が無事に咲きました。

f:id:nanacat77:20211004100417j:image

f:id:nanacat77:20211004133358j:image

購入した時よりも大きくてきれいな花が咲きました。虫の一件では失敗しましたが、大きな花が咲いたのは、有機肥料のおかげだと思います。

肥料のパッケージの裏面の説明書きに、「美しい大きな花が咲く」と書いてありました。肥料の効果はすごいですね。

よく見るとまたもう一つ新しいつぼみができていました。

f:id:nanacat77:20211004100454j:image

挿し木

ネットで調べて挿し木にもチャレンジしてみました。5枚葉の上で切った部分をそのまま土の中に差しました。

何度かやってみましたが、いつも失敗ばかりでした。ですが今回は、無事成功しました。新しい葉が生えてきています。

f:id:nanacat77:20211029105618j:image

まとめ

今回は、わたしが普段育てているミニバラについて紹介しました。日常生活にお花や緑があるっていいですよね。

普段の生活にお花があると部屋も気分も明るくなります。お花を育てる楽しみもありますし、お花が咲いた時の喜びも大きいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルとURLをコピーしました