家電の買い替え時期 目安 一覧表

節約・家計簿
節約・家計簿
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いた人
プロフィールナナ
株式投資歴20年の40代専業主婦
【保有資格】FP3級、簿記2級、宅建、登録販売者 

テレビを購入したのいつだったかな?次の買い替え時期が分からない。どうしよう。

ナナ
ナナ

そんなときに家電一覧表を作っておくと便利ですよ。

家電は急に壊れることがあるので、家電一覧表を作っておけば、次に買い替える時期を大体予測できます。

今回は、家電の買い替え時期の目安に、家電一覧表を作る方法と一般的な家電の使用年数を紹介します。

こんな人におすすめの記事
  • 家電の買い替え時期を知りたい人
  • 買い替えに備えてお金を積み立てたい人
  • 家電の使用年数を知りたい人

家電の買い替えに備える方法

家電一覧表を作ると、家電を購入した時期、家電の買い替えの時期、買い替え費用の目安が把握できます。

家電の買い替え時期と買い替え費用が分かると、特別支出の管理がしやすくなるのでおすすめです。

>関連記事【お金の勉強】いざというときに備える!特別費の家計管理の方法

家電一覧表の作り方

ナナ
ナナ

わたしが作っている家電の一覧表です。

以下のように、家電一覧表を作ります。

①購入日②品名③購入金額④次回購入予定時期⑤次回購入予定金額
 2022/××/××冷蔵庫25万円2032年×月25万円
 2012/××/××炊飯器5万円2022年×月6万円
 2015/××/××ブルーレイレコーダー5万円2025年×月5万円
 2018/××/××液晶テレビ15万円2028年×月20万円
 2020/××/××掃除機5万円2030年×月5万円

家電一覧表に記入するもの

①【購入日】家電を購入した日を記入します。

②【品名】家電の名称を記入します。

③【購入金額】家電を購入した金額を記入します。

④【次回購入予定時期】次回に購入する目安の時期を記入します。

家電の裏側に、耐用年数が記載されているので、その時期を目安にします。

ナナ
ナナ

我が家の場合は、いつも10年くらいで壊れるので、10年で設定しています。

⑤【次回購入予定金額】家電ショップの折込チラシや、ネットの情報を参考に、買い替えにかかる金額を記入します。

内閣府の調査による家電の使用年数と、パナソニックの補修部品の保有年数を目安にするのも、次回の買い替え時期の参考になります。

一般的な家電の使用年数

家電は、大体10年くらいが寿命と言われています。内閣府の調査によると、実際の家電の耐用年数よりも、家電を使用する年数の方が多い傾向にあります。

内閣府の消費動向調査による、一般的な家電の使用年数は以下のとおりです。

家電使用年数
冷蔵庫12.9年
エアコン13.2年
テレビ10.0年
パソコン6.8年
ブルーレイレコーダー8.7年
携帯電話4.3年
洗濯機10.2年
掃除機7.2年
引用元:令和3年 内閣府 消費動向調査 

家電の買い替え理由で一番多いのが、家電の故障によるものです。家電を壊れるまで使う人が多いみたいですね。

ナナ
ナナ

我が家の冷蔵庫は1度も壊れてなくて、22年使っています。一般的な使用年数より多くてびっくりしました。

補修用性能部品の保有期間

各メーカーでは、家電が故障したときのために、補修用部品の保有期間を定めています。

パナソニックの部品の保有期間は以下のとおりです。

家電部品の保有期間
洗濯機7年
掃除機6年
エアコン10年
扇風機8年
冷蔵庫10年
電子レンジ8年
テレビ8年
ブルーレイレコーダー8年
ドライヤー5年
引用元:パナソニック 補修用性能部品の保有期間

家電のリサイクル料

家電リサイクル法によって、特定家庭用機器に分類される家電は、処分するときにリサイクル料金がかかります。

今の時代、物を捨てるのにもお金がかかるようになりましたね。

普段から無駄な物を買わないように心がけると、余計なお金を払わずに済みます。

>合わせて読みたい【断捨離】物を増やしたくない!無駄な物を買わない方法

リサイクル料がかかる家電

リサイクル料金がかかる家電は、以下の4品目です。

  • テレビ
  • エアコン
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • 冷蔵庫・冷凍庫

リサイクルにかかる料金

リサイクル料金と収集運搬料です。

収集運搬料は、業者によって異なります。大体3,000円程度かかります。

収集運搬料は、自分で持ち込む場合はかかりません。

ナナ
ナナ

主なメーカーのリサイクル料金です。

家電名リサイクル料金
テレビ(ブラウン管)1,320円~
テレビ(液晶)1,870円~
エアコン990円
洗濯機・衣類乾燥機2,530円
冷蔵庫・冷凍庫3,740円~

家電製品協会のHPで、メーカーごとのリサイクル料金が調べられます。

経済産業省のHPで、家電4品目の正しい処分法が分かります。

まとめ

今回は、わたしが作っている家電の一覧表について紹介しました。家電の一覧表を作っておくと、次の買い替えの時期が分かります。

次の買い替え時期の目安が分かるので、家電が壊れたときに備えて、事前にお金を積み立てて準備することができます。

ぜひ今回の記事を参考に、家電一覧表を作ってみてください。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました