【お金の勉強】生命保険や通信費の固定費を見直して家計の支出を節約しよう!

節約・家計簿
この記事は約5分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

節約を頑張っているのになかなか成果が上がらず悩んでいませんか?

普段使うお金は、それほど大きな金額の節約にはつながりません。ですが、お金がかかる生命保険や通信費などの固定費を削減することが出来れば、大きな節約効果が期待できます。

今回は、家計の支出を減らしたい人向けに、節約効果の高い固定費の節約について紹介したいと思います。

固定費の節約

固定費は、家賃や住宅ローンなど住居に関するものと、インターネットや電話代など通信費に関するものと、自動車や生命保険など保険に関するものがあります。

変動費は、毎月変動する費用のことです。

たとえば、食費や光熱費、日用品など生活に関連する費用、衣類などの被服費、医療費などがあります。

このうちの固定費の節約方法について紹介したいと思います。

家賃

家賃は、今よりも安い賃貸物件に引っ越すことで費用を安くすることができます。

引っ越しに費用と手間がかかりますが、長い目でみればお得になります。

敷金や礼金など初期費用が掛からない物件もあるので、そういう物件を探すのも

おすすめです。

ただ、退去する場合に注意が必要で敷金を払っていないので、通常の使用を超えて損傷させてしまった場合は、お金が必要になります。

住宅ローン

f:id:nanacat77:20210928100350j:plain

みんなの憧れのマイホームですが、安易にローンを組んでしまうと、支出が家計を圧迫して毎月の支払いが厳しくなります。

住宅ローンは、毎月の支出の中で最も大きな割合を占めます。

住宅ローンは、利息の支払いの部分が大きいので、借り換えをすることで毎月の支払額を抑えることができます。住宅ローンの借り換えには手数料がかかるので、計算してみてお得だと判断してから借り換えをしましょう。

もしお金に余裕があるのなら、繰り上げ返済がおすすめです。繰り上げ返済をすることで、負担額を減らすことができます。

繰り上げ返済とは、利息を減らすためにいつもの返済額とは別に元金を一部または全部返済することです。

返済期間短縮型・・・利息の軽減効果が大きい方法             毎月の返済額は変わりませんが、返済期間が短縮できます。

返済額軽減型・・・毎月の返済額を減らす方法               返済期間は変わりませんが、毎月の返済額が減って楽になります。

通信費の節約

f:id:nanacat77:20210928101522p:plain

スマホは生活にとても便利なものですが、月々の負担は大きいです。とくに家族みんながスマホを契約していると結構な額になります。

いろいろな通信会社があるので、値段もプランもさまざまです。HPで料金やプランなどを調べて比較してみてください。

一度決めた会社を変更するのは、手間もかかるし面倒ですよね。

面倒でも料金を比較して自分に合った安いところに契約することで、毎月の費用をおさえることができます。

家族がたくさんいるほど節約効果があります。

わたしが普段利用している格安SIMイオンモバイルについて

生命保険

f:id:nanacat77:20210928101058p:plain

  • 保険を減額する
  • 特約を外す
  • 掛け捨てにする
  • こどもが独立したら保険を解約する

生命保険は、いざという時の備えです。

自分が亡くなったときに家族が困らないように生命保険に入ったり、老後に困らないように年金保険に入ったり、貯蓄目的で養老保険に入ったり、家庭によって必要な保険はさまざまです。

保険会社も色々あります。料金を比較して安い保険会社に入ることで、保険料を安くすることができます。比較的共済などが保険料が安めです。

終身保険など返戻金のある保険に入っている場合は、保険と貯金は別と考えて掛け捨ての保険に入ると安くなります。

そして保険料が安くなった分を毎月貯金します。そうすると必要になった時に使うことができます。

最初から付いている特約を外すことで保険料を安くすることができます。特約は、特約ごとに料金が決まっています。

意外と無駄で必要のない特約がついていることがあるので、保険証を確認してみてください。

また、こどもの成長に合わせて保障の減額など見直しをするのもおすすめです。一番お金がかかるのが子育て中です。

こどもが小さいうちは、3000万くらいの大きな死亡保障にして、だんだん保障額を下げていき、社会人になったら最低額の保障または解約するなど見直しをします。

遺族保障

また国の保障があるので、その分任意の保険の保障を減らすことができます。主な保障をかんたんに紹介します。細かい詳細は、省きます。

遺族基礎年金(国民年金加入)

※受給できる人は、18歳までの子と18歳までの子のある配偶者のみ

年金額  780,900円

こどもの加算額

第1子・第2子+224,700円

遺族厚生年金(厚生年金加入)

※30歳未満の妻・子のない妻の支給期間は、5年

年金額 老齢厚生年金の報酬比例額の4分の3

妻が40歳以上65歳未満の場合

上記に加算 +585,700円

医療費の保障※健康保険のみ

高額療養費・・・月の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合、お金が戻ってきます。

標準報酬月額 26万以下の場合

自己負担限度額 57,600円です。

傷病手当・・・病気やけがで仕事を連続3日以上休んだ場合、4日目からお金がもらえます。

1日あたりの支給額

標準報酬月額平均を30日で割った金額の3分の2

自動車保険の節約

自動車保険は、保険会社ごとに料金を比較するのをおすすめします。

保険会社がたくさんあるので、比較して一番お得な所に契約することで、保険料が安くなります。

まとめ

今回は、節約効果が期待できる生命保険や通信費など固定費の節約方法について紹介しました。

普段なにげなく支払っている固定費を見直すことで、毎月の家計の支出が減ります。

毎月の家計の支出が減ると生活にゆとりが生まれます。ゆとりが生まれると、将来に備えて貯金ができるようになります。

固定費を見直して、生活にゆとりを持ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました