【株式投資】配当金生活におすすめの本8冊紹介

株式投資
この記事は約6分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

ナナです。お金や株式投資のことについて勉強したいと思っても、本が多すぎてどの本を選べばいいのか分からないですよね。

今回は、配当金生活(セミリタイア)で経済的な自由の夢をかなえる、おすすめの本を厳選して8冊紹介します。

本を読んで、仕事以外に不労所得という収入が入る仕組みを作り、好きな事ができる自由を手に入れましょう。

配当金生活におすすめの本

配当金生活(セミリタイア)を目指すためには、株式投資の勉強だけではなく、お金のことなど普段の生活に関する考え方を学ぶことが重要です。

月10万円の配当金があればセミリタイアできます。そのためには、地道に節約をして投資するお金を貯めます

配当金生活を目指すためには、日々の努力が欠かせません。せっかく配当金をもらっても、普段の生活で浪費していては意味がないからです。

気になった本があれば一度読んでみてください。

紹介している本は難しい本ではなく、株式投資初心者の人が読んでも分かりやすい本を選びました。

①イヌが教えるお金持ちになるための知恵

小学生くらいのお子さんが読んでも分かりやすいお金の教科書です。

わくわくしながら読めます。金銭教育にも、大人のお金の勉強にもおすすめの本です。

お金について基本的なことを学びたい人におすすめです。私は、株式投資を始める前に読みましたが、お金の知識がない初心者でも分かりやすい本でした。わたしの一番おすすめの本です。

残念ながら、中古本しか入手できません。

 

②金持ち父さん 貧乏父さん

この本を読むと、資産負債の違いがよく分かります。日常生活においても資産と負債の考え方を学ぶことは、とても重要です。
わたしは、この本を読んでそれまでの価値観が一変しました。
 
そのくらい重要なことが書かれています。配当金生活を目指す人にはぜひこの本を読んで欲しいです。
 
物語形式でかなり厚みがあり読み応えがありますが、読む価値はあります。

③チーズはどこへ消えた?

株式投資というよりは、人生哲学的な本です。

ですが、この本を読んで重要な考え方を学ぶことができます。

ネズミの物語の本です。物語形式で読みやすく、薄い本なのですぐ読めます。

 

④となりの億万長者

億万長者が実際にどのように大金持ちになったのかが分かります。

大金持ちになる為の基本的な考え方が紹介されています。

私たちが普段考えているお金持ちとは異なるのでとても参考になりました。読むたびに本に書いてあることを実践したくなります。

自分でもやればできるという気にさせてくれる本です。

 

⑤株式投資の未来

株式投資の本です。
とくに配当金生活を目指している人に、おすすめです。高配当株の再投資の重要性が分かります。

私が読んで実際、高配当株投資をするきっかけになった本です 。

高配当株に投資すると、どのように投資したお金がリターンとして返ってくるか詳しく紹介されています。

⑥バビロンの大富豪

お金を生み出す黄金の知恵の本です。

お金の勉強におすすめの本です。この本1冊でお金全般のことが学べます。

お金を増やすための基本的な考え方が紹介されてます。これから資産形成をしてお金を増やしたい人にぜひ読んでもらいたい本です。

読みやすい漫画の本もあります。

 

⑦お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

人生設計から人生において必要なお金持ちになる考え方を学ぶことができます。お金の勉強におすすめです。

マイホームのこと、生命保険のことなど、人生に欠かせないお金のこと全般について知ることができます。

若ければ若いほど参考になる本だと思います。

かなり詳しい説明と分析があり、文字が多いので、読書好きの人におすすめの本です。

⑧私の財産告白

タイトルからして「お金のことを紹介しているのかなぁ」と思っていました。

でも実際に読んでみると、かなり奥深い本でお金の事だけではなく人生全般に役立つ考え方が学べました

この本を読んで質素・倹約の重要性について分かりました。色々考えさせられる本です。

 

まとめ

今回は、私が今までに読んだ本の中で、配当金生活を目指すためにおすすめの本を8冊紹介しました。

本を読むと自分の価値観が変わるのでおすすめです。そして、本を読むと自分の知らない事を教えてくれるのでとても為になります。

私と同じ配当金生活(セミリタイア)を目指している人へ、今回紹介した本の中で気になった本があれば是非一度読んでみて下さい。

本を読んで実践し、セミリタイアの夢をかなえて、自由な時間を手に入れましょう。

お金の勉強におすすめの本を10冊紹介

タイトルとURLをコピーしました