【断捨離】物を捨てるコツ、捨て方、基準

シンプルライフ
この記事は約7分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

風水では、古い物を捨てると、運気がアップするといわれていますよね。そして古い物を捨てると、新しい物とともに新しい運気が家の中に入ってくるようになります。

いざ物を捨てようと思っても、何を捨てればいいのか、どんな基準で物を捨てればいいのか悩みますよね。

今回は物を捨てたい人向けに、物を捨てるコツ、捨て方・基準を紹介します。

Brandear(ブランディア)

物を捨てる基準

  1. 1年以上使っていない物
  2. 同じ物が2個ある物
  3. 物を見てイヤな気持ちになる物
  4. いつか使おうと思っている物
  5. 数が多い物
  6. 代用できる物
  7. 壊れて使えない物

1年以上使っていない物

物は、1年を目安に使わなかった物を捨てます。私の経験上、1年使わなかった物は今後も使わない可能性が高いです。

人によって基準は違うので、1年が心配なら2年~5年くらいを目安にします。

注意事項として、お店で今後買えない物は、捨てる時によく考えましょう。もしお店で購入できない物を捨てて後悔したら、取り返しがつかないからです。

同じ物が2個ある物

家の中を探してみると、同じ物が2個あったりしますよね。1個あれば足りる事がほとんどなので、状態の良い方だけを残して1個捨てます。

物を見てイヤな気持ちになる物

物を捨てるのに迷ったら、物を見て判断するのがおすすめです。

物を見て、イヤな気持ちになったり、悲しい気持ちになったり、イヤな記憶がよみがえってきたりすることがあります。そういうときは迷わず捨てましょう。

逆に自分のお気に入りだったり、思い出の品で、物を見ると楽しい気持ちになるものがあります。そういう物だけを残すようにしましょう。

いつか使おうと思っている物

「いつか使うかも・・・」と思っている物は、大抵使いません。押し入れの奥の方にしまい込んで、物があることさえ忘れてしまうのがオチです。

数が多い物

消耗品なのに、めったに使わない、なかなか減らないものはありませんか?

たとえば、マッチ、ふせん、ホッチキスのしん、線香など。

使い切るのに一生かかりそうなものは、必要な数だけ残して捨てます。

代用できる物

家の中にあるもので、「別になくても困らないなぁ」と思う物を探してみてください。

私は掛け時計や置時計を捨てました。スマホや腕時計で代用できるからです。

壊れて使えない物・大きなごみ

家電など壊れてしまって使えない物は、捨てます。処分にお金がかかる場合もありますが、いつまでも家の中に置いてたら部屋が片付きません。

あと使っていない大きな物は、粗大ごみとしてまとめて捨てると片付きます。

物の捨て方

物別に、物の捨て方を紹介します。物を捨てる時の参考にしてみてください。

日用品

普段使っていない日用品は、使い切ってから捨てます。

たとえば、柔軟剤やシャンプー、芳香剤など香りやメーカー違いで集めたりしていませんか?日用品の種類が多いと、使う頻度が分散されてなかなか量が減りません。

日用品は、自分のお気に入りを1種類だけにしぼります。それ以外は、全部使い切ってから今後買うのをやめます。

DMやチラシ

DMやチラシは、出かけた時にもらったり、ポストに入っていますよね。そのまま家に持ち帰って部屋に置くと散らかります。見たらすぐにゴミ箱に捨てましょう。

お守り・お札

お守りやお札類は、捨てるのに困りますよね。

神社なら神社に、お寺ならお寺にまとめて持って行って、処分します。神社やお寺によっては、箱が置いてあるので箱の中に入れます。

年賀状

最近は、年賀状のやりとりが少なくなってきました。それでも親しい人と年賀状のやりとりをしていると、毎年増えてきますよね。

年賀状は、1年分だけを残して捨てます。1年分だけあれば、相手の住所が分かります。

給料明細

給料明細も毎月増えていきます。1年分だけを残して捨てます。捨てる時は、シュレッダーかはさみで細かく切ります。

家計簿

家計簿も毎年取っておくと、増えていきます。1年分だけ残してそれ以外は全て捨てます。心配なら3年分くらい残しましょう。パソコンの家計簿で管理すれば、過去のデータが分かるのでおすすめです。

私は、紙とPC両方の家計簿を使っています。なので1年分だけ家計簿を残しています。

家電の説明書・保証書

家電の説明書は、一通り読んで使い方を覚えたら捨てます。もし必要なら、ネットで型番を入力すると、メーカーのHPからPDFファイルをダウンロードすることができます。

家電の保証書は、保証期間まで保存して、保証期間が終わったら捨てます。

梱包資材や伝票

ネットで物を購入すると、段ボールや封筒、エアキャップなどに梱包されています。開封したらすぐに捨てるようにしましょう。

受け取った荷物の伝票は、はさみで細かく切って捨てます。発送した時の伝票は、何かあった時の為にしばらく保管した後、処分します。

公共料金の明細やレシート

公共料金の明細は、1ヶ月分だけ保存して、次の月の明細をもらったら捨てます。

レシートは、家計簿を締めきったら捨てます。

家電の配線やリモコン

家電を買うと配線やリモコンが増えてきます。配線やリモコンは増えてくると、何の配線やリモコンだったか分からなくなります。

何か分からない物は、捨てましょう。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみは、かわいいし、生きているような気がして、捨てるのに一番困りますよね。

ぬいぐるみの処分方法

  1. 売る
  2. あげる
  3. 燃えるゴミとして捨てる
  4. お焚き上げに出す

ぬいぐるみの状態の良い物は、売ったり、人にあげるのがおすすめです。

ぬいぐるみを捨てる時は、白い紙に包んでから捨てます。お清めの意味で塩も一緒に入れます。そして「今までありがとう」の気持ちを込めましょう。

もし心配なら、お寺や神社で供養してくれる所もあります。お住まいの地域で対応してくれる所がないか問い合わせてみましょう。

断捨離のコツ

断捨離には、いくつかのコツがあります。3個紹介します。

家族の物は、勝手に捨てない

断捨離をしていると、自分の物だけでなく家族の物の多さが気になります。

でも家族の物は、自分にはいらない物でも、その人にとっては大事な物かもしれません。逆の立場で考えてみてください。自分の物を勝手に捨てられたらショックですよね。

捨てるときは、必ず家族の人にいらないかどうか聞きましょう。そうすればトラブルはなくなります。

もったいないと思わないこと

断捨離のコツは、物を捨てる時にもったいないと思わないことです。まだ使えるものだとしても、使わないのであれば結局ゴミです。物は、使うことに価値があります。

これから先も使わないのなら潔く捨てましょう。

後回しにしない

物が多すぎると、面倒になってつい後回しにしがちです。あとでやろうと思ったことは、忘れてしまいます。

思いついたときにすぐやれば、物が捨てられます。思いついた時にすぐ実行する習慣を身に付けましょう。

部屋の片づけにおすすめの日

  • ゴミ収集日の前日
  • 12月に入ってから
  • 引っ越しの予定がある時
  • こどもが独立した時

ゴミ収集日の前日は、断捨離にピッタリの日です。家にある物を探して、とにかくいらない物を捨てます。とてもスッキリします。

私は、ゴミ収集日の前日になると、いらない物を探して捨てています。部屋の物が減るので気持ちがいいです。

毎年、年末頃になると片付けをしたくなりますよね。年内の最後のゴミの日に間に合うように、12月に入ってからがおすすめです。1ヶ月あるので、ゆっくり断捨離ができます。

引っ越しの予定がある時も、部屋の物が少なければ引っ越しが楽になります。

こどもが独立した時は、こどもが使っていた物を処分すると部屋が片付きます。

まとめ

部屋の物を減らす方法で一番即効性があるのは、とにかく物を捨てることです。

お金を出して購入した物だし、まだ使えるものだったり、思い入れがある物だと捨てるのをためらいますよね。

でも、部屋の物を減らすには思い切って物を捨てなければいけません。一度思い切って捨ててみると、あとは簡単に物を捨てられるようになります。

部屋がすっきりして気持ちいいですよ。新しい年を気持ちよく迎えるために、ぜひ勇気を出して物を捨ててみてください。

タイトルとURLをコピーしました