【株式投資】初心者と投資に興味がある人必見!株の銘柄選びの方法と注意点

株式投資
この記事は約4分で読めます。
4つのランキングに参加しています!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ稼ぐブログランキング

証券会社に口座を開いたものの、いざ購入するとなると、

どの銘柄を選べばいいんだろう

どうやって銘柄を選べばいいの?

とか、色々悩みますよね。

今回は 投資初心者向けに、株の銘柄選びの方法と注意点を紹介します。

株の銘柄選びと銘柄を選ぶ際の注意点

下記を参考に銘柄を選んでみてください。

好きな会社

私が投資を始めた頃は、身近で好きな会社をメインに選びました。

詳しくは、【体験談】私の初めての株式投資についての記事を参照してください。

1番のおすすめは、好きな会社を買うことです。

好きな会社を買うことで応援する気持ちが出てくるし、株主として株主総会に出席できる楽しみもあります。

欲しい株主優待品がもらえる会社

株主優待品が欲しい人におすすめです。もらえる優待品は、様々です。日用品、食品、化粧品などがもらえます。カタログがもらえる銘柄を選べば、好きな商品がもらえます。

毎年優待品がもらえると、プレゼントのようでうれしいです。投資のモチベーションアップにもなります。

優待銘柄の注意点

優待銘柄の注意点は、業績の悪化に伴い優待品の改悪や、最悪廃止になることです。

自社製品や関連会社の商品を、株主優待品として扱っている会社を選ぶことでリスクを減らせます。

f:id:nanacat77:20210825122306p:plain

高配当銘柄

配当金で生活するのを目標にする場合は、高配当銘柄がおすすめです。

高配当銘柄を買うともらえる配当金が多くて、うれしくなります。

また配当金再投資もしやすくなります。

高配当銘柄の注意点

高配当銘柄の注意点は、業績悪化にともない減配の可能性がある事です。会社四季報などで業績や配当性向を確認しましょう。

配当性向とは、企業が稼いだ利益のうち、どのくらい配当金として還元しているか分かる指標です。

配当性向=配当金÷税引き後当期純利益×100%

会社四季報は、証券会社にログインすると無料で見ることができます。

こちらの記事に高配当銘柄の注意点があります。

 

毎年増配する会社

配当金狙いで銘柄を選ぶ際は、毎年安定して利益を上げている会社で増配銘柄がおすすめです。

増配銘柄を買うと、毎年もらえる配当金が増えていきます。そしてどんどん配当利回りもアップします。毎年の決算発表が楽しみになります。

アメリカの企業は、増配企業が多いです。

赤字でない会社

会社四季報や決算表を確認して、赤字でない会社を選ぶことが重要です。

赤字の会社は、優待品をやめたり改悪したり、配当金が最悪もらえなくなる場合があります。

優待廃止や改悪の発表があった翌日は、株価が大幅に下落します。

チャートを見て高値でない会社

全てのことに言えるのは、まず20年~30年くらいのチャートを見て、今の株価水準がどの位置にあるのかを確認することです。

f:id:nanacat77:20210825122427p:plain

 一概には言えませんが、高値水準にある会社は、下落する可能性が高いです。

そして、高値で買った銘柄は、含み損になった場合、株価が戻らないこともあります。

どうしても購入したい銘柄がある場合は、チャートを見て安くなった時に購入しましょう。

権利落ちや暴落時を狙うのがおすすめです。

権利落ちとは

権利落ち・・・保有することで優待品や配当金をもらえる権利を得られる日の翌営業日のこと

権利付最終日が26日(木)の場合

翌営業日は、27日(金)になります。

休日を挟む場合

権利付最終日が27日(金)の場合

翌営業日は、30日(月)になります。

PERやPBRの指標で割安な会社

投資する銘柄を選ぶときは、会社四季報や決算書などで会社のことを分析します。チャートやPERやPBRなどの指標で、割高な株を買わないようにすれば、リスクはある程度おさえることができます。

株価が割安か割高かどうかがわかる指標

PER(株価収益率)・・・株価が1株あたり当期純利益の何倍になっているかがわかります。 一般的にPERが低い方が割安、PERが高い方が割高です。

PBR (株価純資産倍率)・・・株価が1株あたり純資産の何倍になっているかがわかります。 一般的にPBRが低い方が割安、PBRが高い方が割高です。

会社四季報は、証券会社に口座があれば無料で見ることができます。決算書は、企業のHPで見ることができます。

PERやPBRなどの指標は、ヤフーファイナンスや証券会社のHPで見ることができます。

まとめ

今回は、投資初心者向けに銘柄選びの方法と注意事項について紹介しました。株式投資は、銘柄選びが重要です。

本などで勉強して、自分に合った方法で銘柄選びをしてみてください。

銘柄選びにおすすめの本です。

タイトルとURLをコピーしました