ななコフレ

何の取り柄もない主婦が自分の好きなことを投稿してブログ収益化の夢をかなえたい!

MENU

【株式投資】含み損で悩んでいる人と初心者必見!含み損になった時にどうする?

株式投資をしていると、必ずと言っていいほど含み損が1度は発生します。

含み損になると、どうすればいいのか悩みますよね。

 

投資を始めたばかりの初心者の人は特に。

「損切りすればいいの?」とか「ナンピンした方がいいの?」とか・・・。

 

今回は、含み損の銘柄を抱えたときにどうすればいいのかを紹介します。

 

 

 

含み損とは

含み損とは、自分が購入した価格よりも株価が値下がりして、評価額がマイナスになることです。

 

含み損なので、帳簿上の評価損です。売らなければ損失にはなりません。

 

私がJTを購入して含み損になった経緯

 

含み損になったときはどうする

f:id:nanacat77:20210911153649p:plain

 

株式投資初心者の人は、初めて投資をしていきなり含み損を抱えてしまうこともあると思います。

 

また今現在投資をしていてたくさんの含み損を抱えている人もいると思います。

 

私が考えた方法を紹介しますので参考にしてみてください。

 

慌てず冷静になる

含み損になったときは、慌てず冷静になることが重要です。含み損は、ただの帳簿上の評価損です。

 

株価は、市場が開いている限り常に変動しています。購入した価格を境に上がるか下がるかは、2分の1の確率です。

マイナスになることもあるのが当たり前だと思いましょう。

 

焦って売らない

始めたばかりだと早く売らないとどんどん含み損が増えるかもと思い、焦って売ってしまいます。

そうすると相手の思うつぼです。

安く売ってしまうことで、逆に安く買って儲ける人もいるわけです。

 

売るということは、損失を確定することになります。

 

損失を確定するということは、お金を減らすことになります。

それではいつまでたっても儲けることが難しくなります。

 

そのためには、余裕資金で投資をしましょう。

 

すぐに必要になるお金で投資をしてしまうと、お金が必要になった時に売らなければならなくなってしまいます。

 

長期間使わないお金で投資をすれば、慌てて売る必要がなくなります。

 

 

 

含み損を気にしない

含み損になったときは、気にしないことが重要です。

短期投資で儲けるデイトレードではない限り、含み損になっても気にせず放置しましょう。

 

よほど高値で購入していない限りいずれ株価は戻ります。

長期で保有するつもりで、気にしないことが一番です。

 

長期投資を心がける

長期投資を心がけるだけで、含み損は意味のないものだということが分かります。

長期投資ができるのは、個人投資家の強みでもあります。

 

長期投資をすることで、毎年配当金が入ってきます。

それが持ち続ける限り永久的に続きます。

長期投資をすることで含み損よりももらった配当金の方が上回るときがきます。

 

買い増し(ナンピン)のタイミングを見計らう

安くなったら買い増しのチャンスです。

買い増しで自分の購入単価を下げることができます。

 

お金に余裕があれば、買い増しをします。

その際も慌てずにじっくり安くなるのを待ちます。

 

チャートで判断するのがおすすめです。

暴落時に買うのもおすすめです。

 

自分でこのタイミングだと思ったときに、まずは100株購入します。

一度に購入してしまうとさらに安くなった時に資金がなくなってしまいます。

 

買い増しをすることで、購入単価を下げることができます。

1回目

例えば、1500円で購入した場合

1500円×100株=150,000円

 

2回目

さらに750円で買い増しをした場合

750×100株=75,000円

 

150,000円+75,000円=225,000円

 

取得単価

225,000÷2=112,500円

 

取得単価がナンピンしたことにより1500円が1125円になりました。

 

3回目

さらに375円で買い増しをした場合

375円×100株=37,500円

 

150,000円+75,000円+37,500円=262,500円

 

262,500円÷3=87,500円

 

これで取得単価が、1125円から875円になりました。

 

最終的に取得単価が下がり、持っている株数も増えました。

取得単価875円 持ち株数300株

 

f:id:nanacat77:20210911154216p:plain

 

この方法は、少し中・上級者向けなので

投資を始めたばかりの方にはおすすめしません。

ある程度経験を積んでくると、何となくタイミングが分かるようになってきます。

 

わたしのトレード法

 

まとめ

今回は、含み損になった時にどうすればよいかを紹介しました。

 

含み損を抱えてしまうと、早く売って損をなくして楽になりたい気持ちはよくわかります。でも何のために投資をしているのかをよく考えてみてください。

 

株式投資とは、本来長期投資をして資産を増やすことが主な目的です。

 

長期投資をすれば、持ち続ける限り配当金と優待品がもらえます。含み損を気にせず長期投資をして資産を増やしましょう。

 

含み損のまま長期保有すると、どうなるのか考えてみました。