ななコフレ

何の取り柄もない主婦が自分の好きなことを投稿してブログ収益化の夢をかなえたい!

MENU

【節約コツ】夫婦2人の食費を2万円に抑える方法

食費を節約することができたら、お金を貯めることができますよね。

 

食費は毎日のことなので、なかなか節約は難しいです。どうやったら食費を節約できるのか疑問ですよね。

 

今回は、食費を節約したい人向けに、食費を2万円に抑えるための節約方法を紹介したいと思います。

 

 

 

食費を節約する方法

私が普段実践している食費の節約術について紹介したいと思います。

 

スーパーでの買い物の仕方

 

外食は、年に数回だけ

外食をすると食費が高くなります。外食の頻度を少なくして自炊すると、食費を安くすることができます。

 

我が家の外食頻度は、年に数回です。外食するより自分で材料を買ってきて作った方が食費が安いです。

 

毎日献立を考えたり食事作りをするのは、とても大変だし面倒ですよね。

 

外食をしたくなったときは、食事の手抜きがおすすめです。休日など食事作りが面倒なときは、お肉を焼くだけ、レトルトパスタなど単品メニューにするだけで外食を控えることができます。

 

コンビニで購入しない

買い物をするときは、コンビニをやめて、スーパーで購入するようにすると食費を安くすることができます。

 

コンビニで購入すると、スーパーで購入するよりも値段が高いです。なるべくコンビニで購入しないように心がけるだけで、食費を節約できます。

 

ものごとに値段を把握して安いお店で購入する

お店によって、ものの値段は全然違います。

野菜が安いお店、お肉が安いお店、日用品が安いお店など、お店ごとに特徴があります。

まずお店に行ったときに、ものの値段をチェックします。いつも買う商品の値段を、スマホなどに控えます。

 

毎回チェックしていると、ものの値段が把握できます。ある程度ものの値段が把握できるようになったら、毎回安いお店で購入するようにします。

 

1回数十円くらいの差でも、何回も購入すると大きな差になります。試してみてください。

 

 

冷凍食品を常備する

冷凍食品は、常備しているとコロッケを揚げるだけや、パスタをチンするだけなど、簡単にすぐに調理ができます。

 

ちょとおかずが足りない時や昼食や夜食を食べたい時など、総菜を買わずにすみます。しかも味も美味しいです。

 

また冷凍食品は、長期保存ができるので常備しておくと、無駄な買い物を控えることができます。冷凍食品を使うことで、疲れたときでも外食を控えることができます。

 

賞味期限間近の食材は、冷凍保存する

特売品や値引きシールなどで安く購入した食材は、家に帰ってすぐに冷凍保存します。冷凍保存は、長期間保存ができるので食費を節約することができます。

 

わたしが実践して一番食費の節約効果があるのが、値引き商品の冷凍保存です。食材を安く購入できるうえに、買い物の頻度を抑えることができるので、食費を節約できます。

 

冷凍庫の活用法

 

野菜でかさ増しをする

お肉だけで料理をすると、お肉の量がたくさん必要になります。お肉は、価格が高いので、安い野菜と一緒に焼いてかさ増しをします。

 

かさ増しをすると、値段が安い上に見た目のボリュームも増すので便利です。しかも野菜をたくさん食べることができて、健康的です。

 

朝から出かける時は弁当と飲み物を持参する

ふだん外出するときは、必ずお弁当や水などの飲み物を持参するように心がけます。そうすれば、外出先で余計なものを買わずにすみます。

 

外出先で購入すると値段が高いので、余計なお金がかかります。

面倒でも自宅から用意して持っていくだけで、食費を節約することができます。

 

卵料理や丼物を献立に取り入れる

卵料理は、親子丼やオムライスやチャーハンなどが、特に材料費が安い上にボリューム満点です。

 

丼ものは、親子丼、カツ丼、牛丼、野菜炒め丼などなんでも丼にしてしまいます。

 

丼にすることで、おかずの量を減らすことができます。おかずの量が少なくてすむので、食費を抑えることができます。

 

献立は品数を少なくする

私が実践しているのは、献立の品数を少なくすることです。品数を少なくすることで、購入する食材の数を減らすことができます。

 

夫婦2人だけなので、品数が少なくても全然平気です。購入するものが少なくなるので、結果的に食費を抑えることができます。

 

まとめ

今回は、私が普段実践している食費の節約方法について紹介しました。

工夫次第で食費を2万円まで抑えることができます。ぜひためしてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加