ななコフレ

何の取り柄もない主婦が自分の好きなことを投稿してブログ収益化の夢をかなえたい!

MENU

【株式投資】資産管理におすすめ!保有銘柄と配当金の一覧表を作ろう

f:id:nanacat77:20211018114828j:plain

株式投資をしていると、銘柄数が自然と増えてきますよね。みなさんは、自分が持っている銘柄をどのように管理していますか?

 

私は、保有している銘柄や利益などを一覧表にまとめています。一覧表にすると、もらえる優待品や配当金、1年間にどのくらい資産が増えたのかが分かります。

 

今回は、私が作っている一覧表の種類と作り方、一覧表を作ることの効果について紹介します。

 

 

 

保有銘柄一覧表を作ろう

私が作っている一つ目の表は、保有銘柄一覧表です。

 

保有銘柄一覧表(例)

※わたしが購入した価格ではありません。現在の価格です。

①銘柄名 ②取得金額 ③株数 ④権利月 ⑤配当金 ⑥優待品 ⑦利回り
オリックス 230,000円 100株 3月・9月 6,240円

5,000円

カタログ

4.9%
モーニングスター 53,000円 100株 3月・9月 1,320円 26,400円新聞
2,500円×2回
暗号資産
61%
キヤノン 260,000円 100株 6月・12月 7,200円 なし 2.7%

 

保有銘柄一覧表に記入するもの

①銘柄名

持っている銘柄を記入します。

②取得金額

自分が購入した時の金額を記入します。手数料も含めます。

③株数

自分が持っている株数を記入します。

④権利月

配当金と優待品が取れる権利の月を記入します。

⑤配当金

1年間にもらえる配当金を記入します。

⑥優待品

もらえる優待品と金銭に見積もった額を記入します。

⑦利回り

配当金+優待品の合計利回りを記入します。

合計利回り=(配当金+優待品の金額)÷取得金額×100%

 

銘柄の入れ替えや売却したとき、増配・減配などがあったときは、その都度修正します。

 

保有銘柄を一覧表を作る効果

一覧表にすることで、今何の銘柄を持っていて、何の優待品がもらえるのか一目で把握できます。

 

保有銘柄が多くなってくると管理が大変なので、こうして一覧表にすることで管理がしやすくなります。

 

配当金一覧表(予定額)を作ろう

私が作っている二つ目の表は、配当金一覧表(予定額)です。

 

こちらの表には、企業が公表している配当金(予定額)を記入します。

 

配当金一覧表(予定額)

月ごとに、自分が持っている銘柄の配当金の合計を記入します。

配当金がもらえるのは、大体権利を取ってから3か月後くらいです。

 

(例)3月に25000円の権利を取った場合、6月に記入します。

配当金の金額は、税抜き価格を記入します。

25000円の場合は、税金が約2割なので、25000円×0.8=20000円

 

配当金一覧表(例)

配当月 配当金
1月 5,000円
2月 10,000円
3月 10,000円
4月 10,000円
5月 0円
6月 20,000円
7月 5,000円
8月 10,000円
9月 10,000円
10月 10,000円
11月 0円
12月 20,000円
合計金額 110,000円

 

 

 

配当金一覧表(予定額)を作る効果

配当金が何月にいくらもらえるのか、年間いくらもらえるのかが分かります。

 

一覧表にすることで、配当金の偏りが分かるので、3月が少ないから3月の配当金を増やそうとかバランスをとりやすくなります。

 

上記の例だと、5月と11月がもらえないので、5月と11月に配当金が貰える銘柄を購入すれば、バランスがよくなります。

 

銘柄の入れ替えや売却したとき、増配・減配などがあったときは、その都度修正します。

 

株の収入一覧表を作ろう

私が作っている三つ目の表は、株の収入一覧表です。

 

こちらの表には、実際に受け取った金額(税引き後)を記入します。

 

月ごとと、年ごとに分けて表を作ります。

表には、年・月、売却益、配当金、合計金額を記入します。

 

配当金・売却益一覧表(実際額)

月ごとの場合(例)
年・月 配当金 売却益 合計金額
2021年1月 5,000 0 5,000
   2月 10,000 5,000 15,000
   3月 10,000 0 10,000
   4月 10,000 0 10,000
   5月 0 10,000 10,000
   6月 20,000 0 20,000
   7月 5,000 5,000 10,000
   8月 10,000 10,000 20,000
   9月 10,000 0 10,000
    10月 10,000 0 10,000
         11月 0 10,000 10,000
         12月 20,000 10,000 30,000
合計金額 110,000 50,000 160,000

 

年ごとの場合(例)
配当金 売却益 合計金額
2017 50,000 20,000 70,000
2018 60.000 50,000 110,000
2019 100,000 30,000 130,000
2020 120,000 20,000 140,000
2021 130,000 30,000 160,000

棒グラフを作るとさらに分かりやすくなります。

グラフは、ネットの無料サイトを利用すればかんたんに作れます。検索すれば出てくるので作ってみてください。
f:id:nanacat77:20211112115754j:image

 

配当金・売却益一覧表(実際額)を作る効果

月ごと、年ごとに株の収入がいくらあったのか把握できます。

毎年比較してみることで、どのくらい配当金が増えているか、減っているのかがよく分かります。

着実に資産が増えているのかどうかを確認できます。

 

不労所得でセミリタイアを目指している人にとくにおすすめです。表にすることで、リタイアが可能かどうかの目安にもなります。

 

不労所得について知りたい人はこちら


まとめ

今回は、わたしが作っている一覧表について紹介しました。

一覧表を作ると、毎年利益がきちんと増えているのか確認できます。表にして確認することで、モチベーションアップにもつながります。

 

自分が保有している銘柄の管理がしやすくなるのでおすすめです。ぜひ一覧表を作ってみてください。

 

手帳の活用法

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

モレスキンのラージサイズは、大きめなのでグラフや表を書くのにおすすめです。家計管理にもぴったりのサイズです。

約 W13×H21×D1.6cm